サンディエゴ日本人教会 San Diego Japanese Christian Church

『歴史を貫いた計画』大倉 信 師

December 16, 2018

「そして、言葉は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。わたしたちはその栄光を見た。それは父のひとり子としての栄光であって、めぐみとまこととに満ちていた」(ヨハネ1章14節)。

ここには「言葉は肉体となり、わたしたちのうちに宿った」と書かれています。少し説明がいるかと思いますが、この「言葉」とは「イエス・キリスト」のことをあらわし、そのイエスが人となり、私達の住む地に宿ったということです。そして、私達はこの出来事をクリスマスと呼んでいます。

このヨハネによる福音書に書かれている「宿った」という言葉を聖書のもともとの原語であるギリシア語から紐解きますと、その意味は「幕屋を張られた」ということになります。このことを踏まえて言いますならば「神と共におられた言葉、すなわち神と共におられたイエス・キリストは私達の世界に幕屋を張られた」ということになります。そして、それは神の一人子イエス・キリストが本腰を入れて、私達と同じように、この世界で起きること身に負われるという覚悟のあらわれでした。

それにしても「幕屋」と言われても私達はピントときません。しかしこの「幕屋を張られた」という言葉をヨハネがあえて使ったということには、とても深い意味があり、その背後には長い聖書の歴史がありました。

Play this podcast on Podbean App