サンディエゴ日本人教会 San Diego Japanese Christian Church
『どうしたらよいのでしょうか?』中村 裕二 牧師

『どうしたらよいのでしょうか?』中村 裕二 牧師

June 27, 2021

今週はハワイの中村裕二牧師が使徒2:1-4, 37-40よりメッセージをお届けします。

🎧礼拝メッセージ ポッドキャスト

https://smarturl.it/sdjccjppodcast

『父親が荷を下ろすところ』大倉 信 牧師

『父親が荷を下ろすところ』大倉 信 牧師

June 20, 2021

子供がまだ幼い時に、彼らは「パパならなんでもできる」と思っています。「パパが一番、力持ちだ。パパにお願いすれば大丈夫だ」と思っています。息子がまだ幼い時に「パパはすぐに飛んでくるよ」と言いましたら、彼は言いました「パパ、飛べるの?」子供は時に父は飛ぶこともできると思っています。
しかし、そのような頼もしい父親像も、彼らが成長するにつれて一つ、また一つ、消えていきます。「そんなのいやだ」などと父親は言っておれません。言うまでもなく、私達は実際のところ、何でもできるわけではないからです・・・。

 

🎧礼拝メッセージ ポッドキャスト

https://smarturl.it/sdjccjppodcast

『人生観の確立(5):倫理観』大倉 信 牧師

『人生観の確立(5):倫理観』大倉 信 牧師

June 13, 2021

この度の東京オリンピックのために新しく建築された建物に新国立競技場があります。その競技場を設計したのは隈研吾という日本人建築家です。隈氏は日本のみならず、常に世界数カ国で同時に仕事をしている世界的に有名な建築家です。その人の仕事の流儀というものがとても興味深いのです。
一つの土地に何かを建築する時に、当然そこには敷地面積、周りの環境、建築素材、予算などさまざまな制約があります。しかし、彼はその「制約」を「創造の源」としてとらえているというのです。その制約があるからこそ、そこに深い考えが生まれ、工夫が生まれるというのです。彼はそのインタビューの中で、「もし予算や敷地に制約がなかったらどうしますか?」と尋ねられ、「制約がなかったら制約を探しに行きます。まさに宝ですよ、制約は」と答えています。
ふんだんな独創性が問われるその建築の現場で「制約こそが宝」と言いきること、ここに私達は神様が私達に与えられる制約、今日の言葉で分りやすくいいますならば、神が私達に与えられる「倫理の真髄」を見るのです。

『人生観の確立(4):人間観』大倉 信 牧師

『人生観の確立(4):人間観』大倉 信 牧師

June 6, 2021

今から34年も昔になりますが、テネシー州の田舎町にある大学に在学していた時、よくMTV(Music TV)という音楽番組を見ていました。この番組はその時にヒットしているプロモーションビデオを24時間、流す番組で、そんなヒットソングの中にKaryn Whiteという女性アーティストが歌っていました「Superwoman」という歌がありました。
その歌のプロモーションビデオには幼い子供がいる夫婦が映し出され、その妻(Karyn White)がこの歌を歌っているのです。その歌詞と映像から夫婦の関係がぎこちなく、どうにかして彼女はその破れを繕うとするのですが、すれ違ってしまう、そんな夫に向かって、I'm not your superwoman. I am only human. という歌詞が、おりかえしで何度も歌われていたことを今でも覚えています。
当時の私はまだ19歳、夫婦の間柄など知るはずなどなく、よってその歌を理解などしていなかったのですが、あらためて最近、ユーチューブでこの歌を聞いてみましたら、なるほど、やっとこの歌が理解できました。そして、その歌を聴きながら思ったのです。スーパーウーマン、スーパーマンなど、この世界にいるのだろうかと・・・。

 

🎧礼拝メッセージ ポッドキャスト

https://smarturl.it/sdjccjppodcast

Podbean App

Play this podcast on Podbean App