『本当の奇跡』 大倉 信 師

September 24, 2017

もし私が取っ手が壊れたコーヒーカップをグルーで直したら、皆さんは「なんという奇跡!」と言いますか。いいえ、決して言わないでしょう。でも、もし切り落とされた耳を拾い上げ、それをその人の耳にその場で元のようにつけ直したら、それを私達は奇跡と呼びますでしょう。そう、このことはイエス・キリストが実際にゲッセマネの園でなされたことです。

大騒ぎしている子供達を大声で叱り、子供達が静粛になったら、それを奇跡と呼びますか。いいえ、でももし、嵐によって荒れ狂う湖を「静まれ」という一言と共に静めたら私達はそれは奇跡だと言いますでしょう。そう、このこともイエス・キリストがガリラヤ湖でなされたことです。

私達はこのような癒し、自然界への超人的な介入を驚き怪しみ、それは奇跡だといいます。しかし、どうぞお心におとめください、神の側からいえば、それは奇跡ではありません。そうです、神の側では、それは切り落とされた耳を瞬時に癒すことは私達がカップを直すようなこと、嵐を静めることも子供を静粛にするようなことであり、それらは神の目には全く奇跡ではないのです。しかしなぜ、私達がそれらを奇跡と呼ぶのかというと、それは私達の人知を超えたことであり、人間の力をはるかに凌駕している出来事だからです。しかし、それは明らかに神の能力を超えたものではなく、神にとってこれらのことはたやすく、当たり前になすことができることなのです。

00:0000:00

『救いは勝ち取るものではありません』 大倉 信 師

September 10, 2017

クリスチャン作家のフィリップ・ヤンシーはこんな言葉を残しています「天国に行くには何をしなければならないかと聞けば、たいていの人は「良いことをしなさい」と答える。イエスの話はその答えと矛盾する。私達がしなければならないことは「赦して、助けて」と叫ぶ事なのです。

00:0000:00

『責任を転嫁せず、開き直らず』 大倉 信 師

September 4, 2017

「今日、モールに行ったけれど、パーキングスペースがなかったのよ。一生懸命お祈りしたけれど、神様は聞いてくれなかったわ。神様なんていないのよ」。

このようなことは極端なことでしょうか。いいえ、けっこう私達はこのようなことで問題を神のせいにしているということがあるのです。

おぼえてください、神様は私達のためにバレットパーキングで働く人ではありません。パーキングスペースがないのは、その日が週末だったかもしれないし、その日がセールの日だったのかもしれません。そして、そんなに日にモールに行こうと決めてやってきたのは私達であり、パーキングスペースがないのは神のせいではなく、モールに来たくて来た私達が受け止めるべき現実なのです。

この責任を自ら、引き受けることなくして神と私達の関係が健全なものとなることはないのです。

00:0000:00